BroadWiMAXには法人向けキャンペーンあり!

BroadWiMAXは法人向けキャンペーンあり

 

BroadWiMAX(ブロードワイマックス)は法人での契約にも対応しているプロバイダです。
基本的な料金やキャンペーン内容は個人契約の場合と変わらずに利用することができます。

 

また経費として計上しにくいキャッシュバックではなく、月額の料金が最安級のプロバイダなので、その点でも法人向けと言えます。
今回はBroadWiMAXを法人で利用する際のメリット、デメリット、申し込み方法について解説していきます。

 

 

 

 

 

BroadWiMAXは法人向けに対応している!メリットは?

BroadWiMAXなら法人に対応

 

BroadWiMAXは法人向けの契約窓口を用意している数少ないプロバイダの一つです。
また法人登記をしていない

  • 個人事業主
  • 団体
  • 組合
などにもしっかりと対応しています。

 

実は法人に対応しているWiMAXプロバイダは意外と少ないです。
人気のあるところで言うと

  • GMOとくとくBB
  • UQWiMAX
  • @nifty
  • BIGLOBE
  • So-net
などが法人契約に対応しています。

しかしこの中でも専用の窓口を設けて法人対応をしているのはなかなかありませんね。

 

その中でもBroadWiMAXを選ぶメリットとしては

  • 法人向けのキャンペーンに対応していること。
  • 支払い方法がクレジットカード以外もOKなこと。
  • 何といっても利用料金が安く経費削減に繋がること。

この3点が挙げられます。
それぞれこのあと具体的に見ていきましょう。

 

特に「利用料金が安い」のは圧倒的なメリットです。
先ほど挙げたプロバイダの中では、月額料金が高い代わりに後から現金のキャッシュバックを振り込むキャンペーンを行うところもあります。

 

しかしキャッシュバックは後から出てくる収入でどうしても計算しにくいですよね。
勘定科目で言えば雑収入になるのでしょうか…?

 

 

 

キャンペーンが適用できる!

BroadWiMAXの法人向けキャンペーン

 

BroadWiMAXでは法人であっても初期費用18,857円の割引キャンペーンが適用されます。
1台申し込んだ場合でも、複数台申し込んだ場合でもその度に18,857円の割引適用キャンペーンを受けられます。

 

法人の場合は、このキャンペーンの適用条件がかなり緩くなるというメリットがあります。
例えば後になって台数を増やしたい、追加で端末を契約したいという場合でも融通を効かせてくれます。

 

一度契約すれば端末を増やす度に割引が受けられるのでその分お得に利用できます。

 

なおこのキャンペーンの適用には

  • 安心サポートプラス
  • Mybroadサポート

上記の2つのオプションに加入することが条件となっています。
契約時に申し込みだけして後から解約することも可能なので、必要なければ解約した方が余計な経費が掛からなくて済みます。

 

オプションの解約方法はこちら↓

BroadWiMAXのオプションは必要?解約しても損しない?

 

 

支払い方法を選べる!

BroadWiMAX、法人の場合の支払い方法

 

法人の場合、3つの支払い方法の中から好きな方法を選ぶことができます。

  • クレジットカード払い
  • 口座振替
  • 請求書払い
個人契約では選択できない請求書払いに対応しているのは嬉しいですね。

請求書をそのまま領収書として扱うことも可能です。

 

ただし支払い方法については以下の点に注意しましょう。

 

デビットカードやプリペイドカードは使えない…

対応しているのはクレジットカードのみとなっています。
デビットカード、auWALLETなどには対応していません。

 

手数料が別途発生する

クレジットカード払いの場合は手数料は発生しませんが、口座振替・請求書払いの場合は、月額料金とは別に手数料が発生します。

  • 請求書払い:月ごとに300円
  • 口座振替:月ごとに200円
となっています。

 

 

実際の料金はいくらになる?

料金が安いことを大きくPRしているBroadWiMAX。
実際に法人契約で利用した場合の料金はいくらになるのでしょうか?

  • 月のデータ通信量に制限がないギガ放題プラン
  • 月に7GBまでと通信量の上限が決まっているライトプラン
契約期間の3年間、両方の金額を表にしてみました。

 

なおこのプランは契約中、切り替えが可能です。
例えば最初ギガ放題プランで契約したが、思ったより使わないので後からライトプランに変更して経費を抑えたいという場合もOKです。

 

BroadWiMAX 3年契約の料金 BroadWiMAX ギガ放題プラン BroadWiMAX ライトプラン
初期費用 0円 ※キャンペーン適用 0円
契約事務手数料 3,000円 3,000円
端末代金 0円 0円
送料 0円 0円
0ヶ月目(端末到着月) 2,726円の日割(ここでは2,726円で計算) 2,726円の日割(ここでは2,726円で計算)
1〜2ヶ月目  2,726円  2,726円
3〜24ヶ月目 3,411円 2,726円
25〜37ヶ月目(契約更新月) 4,011円 3,326円
その他費用 0円 0円
キャッシュバック 0円 0円
3年間のトータル 138,363円

 

今まで法人向けのネット通信といえば固定の光回線が中心でした。
場合によっては月額5,000円以上かかっていたかもしれません。

 

しかしWiMAXなら月額3,000円ちょっとでネット通信を利用できます。
しかもモバイル型のルーターなら持ち運んで利用することも可能です。

 

ビジネスの効率アップと経費削減に繋がるのは大きなメリットです。

 

 

法人の場合の申し込み方法の流れ

ここからは実際に法人でBroadWiMAXを利用する場合の契約の流れを解説していきましょう。
基本的には

 

1、BroadWiMAXのWEBサイトから申し込み、見積もり依頼
BroadWiMAXの法人申し込みの流れ

 

 

 

2、フォームを記入し、送信を行う
BroadWiMAXの法人の契約フォーム

 

 

 

3、オペレーターから確認の電話等がある
BroadWiMAXの法人契約の電話確認

 

 

 

この流れで申し込みが完了します。
個人で契約する場合と大きく変わりはありませんし、申し込み自体はいつでも24時間都合の良い時間でWEBから可能です。

 

ただし個人契約の場合と違う点が2点あります。
ここを覚えておかないと二度手間になったりするので、確認しておきしょう。

 

別途提出書類が必要

個人契約の場合と違い、身分を証明する書類のコピーをFAXもしくはメールで送る必要があります。
具体的には

  • 申し込み者の身分証明書(運転免許証などでOK)
  • 名刺もしくは社員証
この2点の書類が必要になります。

 

申込者の在籍確認

申し込みをした人が本当に会社にいるかどうかを確認する電話がかかってきます。
申し込み者以外の人が電話に出て、対応をする必要があります。

 

社員が一人しかいない場合は?

提出書類の「身分証明書」「名刺もしくは社員証」に加えて、会社の登記簿謄本が必要になります。

 

 

法人利用の場合のよくある疑問点!

締め日はいつになる?

クレジットカードの場合はカード会社によって異なります。
請求は月末にされますが、その後にカード会社の締め日がいつになるかによって変わります。
その関係で実際の支払い請求額とタイムラグができてしまうこともあるようです。

 

口座振替の場合の締め日は現在問い合わせ中です。

 

まとめて支払いすることは可能?

請求書払いの場合、あらかじめ1年分の料金をまとめて支払うことが可能です。

 

申し込んでからいつごろ届く?

BroadWiMAXは最短で即日、遅くても翌日出荷を行います。
ただし法人の場合は、電話確認や審査などがある場合があるので、即日出荷は難しいかもしれませんね。
届き次第、工事や配線などは不要ですぐに利用することができます。

 

解約の際の費用は?

個人契約の場合と同じく、契約更新月以外での解約は違約金が発生します。
違約金は高額になりやすいので注意しましょう。

 

解約について詳しくまとめた記事はこちら↓

BroadWiMAXの解約は違約金に要注意!無料にする方法はコレ

 

 

【まとめ】WiMAXをビジネス利用するとこんなに便利になる!

 

BroadWiMAXの法人契約の電話確認 BroadWiMAXの法人契約の電話確認

 

BroadWiMAXの法人利用のメリット BroadWiMAXの法人利用のメリット

 

ここまでBroadWiMAXの法人契約について解説してきました。
WiMAXは固定回線の代わりとしても、モバイルWi-Fiとしても使える便利なアイテムです。

 

端末1つあれば、屋内屋外問わず事務所にいなくてもネット通信が可能になります。

  • いちいち事務所に戻らなくてもOK!
  • 取引先などでの資料提供に!
  • 移動時間や待ち時間の際の仕事に!
  • 公衆Wi-Fiはセキュリティが不安という場合に
そんな時に役立ちます。

 

また何といっても一番のメリットは料金が抑えられること。
今まで法人向けの光回線といっても何万円もかかっていたり、工事費用で大きな金額を請求されていたかもしれません。

 

WiMAXは工事費不要で、月々2,000円代〜3,000円代で使えます。
便利で効率化、さらに経費削減にも繋げることができます。

 

 

BroadWiMAXより安い法人向けプロバイダは?

ここでは個人契約向けのキャッシュバックによる還元ではなく、月々の経費として計上しやすいBroadWiMAXに焦点を当てて解説しました。
しかしBroadWiMAXよりも安く、しかも同じように法人に対応しているプロバイダを見つけたので紹介します。

 

大手ソニーの子会社、so-netが運営する「so-net WiMAX」です。
WiMAXのスペックはBroadWiMAXと全く同じですが、3年間でさらに1万円近く安く利用することができます。
経費を抑えたいという場合に検討してみてはいかがでしょうか。

 

BroadWiMAXとso-netの比較記事はこちら↓

【驚愕】BroadWiMAXよりお得?so-netとの徹底比較!